貧血になりにくい体質作りなどに効果があるヘム鉄は、サプリメントでも重宝されています。

 

しかし、ヘム鉄の取りすぎは体に悪影響を及ぼすこともありますので、気をつけましょう。

ヘム鉄の取りすぎによって食欲が著しく下がったり便秘の症状が出ることがあります。

 

妊娠をすると、定期的に血液検査を行って、貧血傾向が認められると鉄分補充の錠剤が処方されます。

この場合も、過剰摂取による副作用の可能性があります。

 

ヘム鉄をサプリメントで飲んでいると、黒い便が出る人がいるようですが、これは鉄分の作用です。

かなりまれなケースですが、ヘム鉄の取り過ぎによってビタミンCの吸収が阻害されます。

 

壊血症を引き起こすケースや中毒症状も報告されています。

サプリメントは気軽に購入できる分、過剰摂取になる事も予想されます。

 

サプリメントを使い始める前に、自分の血液はどういった状態にあるのかを把握しておくことも必要です。

ヘム鉄サプリメントを使う時には、貧血状態でなくなったら使用を終了するという方法もあります。

 

また、サプリメントでヘム鉄を補っているにもかかわらず、貧血状態がいつまでも続くという時は体内のどこかで出血している可能性があるので、病院に行くことも検討してください。

 

栄養補助食品は副作用の心配が低いからと、子どもに大人用の分量のヘム鉄サプリメントを与えると多すぎることがあります。

 

ヘム鉄サプリメントを子どもが使う時は、体の大きさを考慮しなければなりません。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

最新の記事一覧

  • サイト内検索

ページ上部に