誤った飲み方でサプリメントを、サプリメントは薬じゃないから大丈夫と思い摂り続けていると、思わぬ健康障害を起こすことがあります。

 

特に短い期間に、サプリメントを大量に摂取するのはとても危険なので絶対にやめましょう。

 

脂肪を燃やす効果があるサプリメントを多く摂取したために、肝臓への負荷が大きくなりすぎてトラブルの元になった人もいます。

 

また、他の薬と併用してサプリメントを使ったために、相乗効果が悪影響を及ぼしたこともあります。

 

逆に、サプリメントの作用で薬が効きすぎて問題になることもあります。

 

ビタミンKを多く含む青汁などのサプリメントは、ワーファリンという成分の効果を強めることがあります。

 

ワーファリンを処方されている人は、効き過ぎに注意しなければなりません。結果的に血液がサラサラになりすぎてトラブルの元となりえます。

 

サプリメントに複数のビタミンやミネラルが混ざっていることもあり、思わぬ成分が薬に影響を与えることもあるそうです。

 

かかりつけの医師や薬剤師に正しい飲み方を確認し、納得した上でサプリメントを摂取するようにしましょう。

 

サプリメントの飲み方を間違えたために体調を崩してしまっては、元も子もありません。薬とサプリメントという組み合わせだけでなく、サプリメントとサプリメントも組み合わせ次第で副作用が出ることがあります。

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

最新の記事一覧

  • サイト内検索

ページ上部に