DHAやEPAは食品やサプリメントで積極的に補充したいものです。

 

EPAやDHAの効果はズバリ、血液がサラサラになることです。逆に言えば、血液が固まりにくくなるということでもあります。

 

食事で摂取する時は大丈夫のようですか、サプリメントでDHAやEPAを取り入れる時は過剰摂取の問題を回避したいものです。

 

血液をサラサラにするサプリメントを使いつつ、血中脂肪の対策として薬を飲んでいるという人は、薬の効果があらわれすぎて良くない効果ができることがあるようです。

 

血液がサラサラだと、出血が治りにくくなり血がどんどん流れていきます。血が出ることが多くなる人もいます。

 

油で構成されているDHAやEPAは、酸化作用の影響を受けることがありますので、天然の食材から摂取する時は古くなる前に取り入れるようにしましょう。

 

サプリメントの場合は、賞味期限を確認しできるだけ新しいものを使用するようにしたいものです。

保存状態に関しても、十分な注意が必要です。

 

脂質は光によっても酸化されますので、DHAやEPAのサプリメントは色つきのガラス瓶に入ったものを使うようにしてください。

なるべく暗いところに置き、サプリメントを開封したらできるだけ早め目に使い切るように心がけましょう。

 

賞味期限切れのEPAやDHAサプリメントがあっても使うのはやめましよう。じんましんなどが出ることがあります。

 

使い切らずに捨てるのはもったいないことかもしれませんが、古くなったDHAやEPAサプリメントは処理してしまってください。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

最新の記事一覧

  • サイト内検索

ページ上部に