アトピー対策のサプリメントは数多く販売されています。アトピー性皮膚炎は1000万人以上の人がかかっているとされる症状で、一旦発生すると慢性化しやすいといいます。

最近はアトピーに効果のある栄養成分をサプリメントを使って摂取している人が多いそうです。ビタミンC、ビタミンB6、霊芝、γリノレン酸といった栄養素が、アトピーの症状を軽くするために用いられます。

皮膚の組織が適切な増殖をするよう作用する不飽和脂肪酸に、γリノレン酸があります。皮膚の組織の状態を正しいものにすることで、皮膚の防御機能を高める働きがあるといいます。

免疫機能を向上させ、皮膚のかゆみを軽くする効果があるといわれる霊芝は、従来からアトピーに良い成分が含まれていると言われていました。

荒れた肌を正常な状態に戻し、アレルギーを抑える働きがある栄養素がビタミンCビタミンB6だといわれています。

ステロイド剤と抗ヒスタミン薬は、アトピー治療によく使われる医薬品です。効果が強い反面、継続投与が副作用を招く可能性があります。サプリメントは薬では無く、栄養補助食品であるので副作用の心配をする必要なありません。

アトピーに効果があるとされる栄養成分をサプリメントで摂取しても、勿論全ての人に役立つと言うものではありません。ですが、サプリメントを使えば、アトピー改善に効果があるという栄養成分を確実に取り入れることができますので、使ってみる意味はあるでしょう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

最新の記事一覧

  • サイト内検索

ページ上部に