高血圧の改善や予防のためには、目的にあった栄養成分をサプリメントなどで摂取することもおすすめです。

高血圧を改善するには、食事内容を見直すことが必要ですが、足りない栄養成分を補助するためには、サプリメントを利用すると簡単です。

今現在は高血圧ではないけれど、ぜひ予防をしたいと感じる人は、DHAやEPAなどの栄養成分が効果的、といわれています。

DHAは血液サラサラ効果があり、主として青身の魚などに多く含まれる栄養成分です。

DHAは血圧の上昇を防ぎ、動脈硬化や高脂血症などの予防や改善に効果がある栄養成分です。

魚がきらいな人には、サプリメントの利用がおすすめです。桑の葉には、ギャバというアミノ酪酸が含まれています。

このギャバは血圧が上がらないようにする効果があります。

様々な食材に含まれるミネラル成分は血圧を整える効果があります。

食事からの摂取が難しいという人は、ミネラルのサプリメントを使って栄養摂取に努めましょう。

特に血圧調整に効果的なミネラルとして、マグネシウムがあります。緊張している動脈を和らげ、血流が流れやすくすることによって体温や血圧を調整する作用がある栄養成分です。

高くなった血圧を安定させる物質として、イワシに多く含まれるペプチドという栄養成分もあります。

イワシペプチドは血圧を変化させる酵素の働きを抑制する効果があるものと言われており、血管の硬さを和らげるなどして高血圧抑制効果がある成分だとされているようです。

血圧を調整する栄養成分は色々なものがありますので、サプリメントで血圧対策を行う時にはどの成分が自分に向いているか検討してみるといいでしょう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバックURL

最新の記事一覧

  • サイト内検索

ページ上部に